SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ふなこっち塾はどこ?

中学受験について語ります。
<< 読解力の上げ方(受け売りです) | main | 模試の話 >>
正答率の高いものを確実に???
0

    今回は模試の算数の話です。

     

    よく,「まずは正答率の高い問題を確実に取れるように……」って話,よく聞きますよね。

    あれ,算数に関してはほんっと何も考えていない助言以外のナニモノでもないです。

    正答率の高い問題を確実に取れるための努力で得られるのは,第一志望合格に近づくことではなく,ただの模試の偏差値アップです。

     

    理由はおおざっぱに2点。

     

    まず,1点目。

    経験上,第一志望合格に向けて,確認テストの直しなどの受験生としての努力をきちんと積み,入試までに過去問などの演習と直しをくり返していれば,算数が苦手な受験生も,入試直前には一行題レベルはほぼ間違えなくなります。

    のちに確実に取れるようになるとわかっているものに労力をかけ,もう一歩上のレベルのものをできるようにするための時間を削ってしまうことは,模試の偏差値を上げることだけが目的になってしまっていて,結局,「第一志望」の合格から遠ざかることをしていることになります。

     

    2点目。

    第一志望の入試の過去問を見ればわかると思います。

    それらの問題,「第一志望」にする中学校の入試に出ないんです。

    過去問を見れば,模試で正答率が高い問題のレベルのものは第一志望の入試にはほとんど出題されていないことに気づくと思います。

    そこに労力をかけることは,やっぱり,ただ模試の偏差値を上げるためだけの作業になってしまうということがわかるでしょう。

    その時間があったら,目先の成績は上がらないかもしれませんが,難しい問題に時間をかけて取り組んでください。

    算数は「何もわからない」というところから本当の勝負が始まります。

    そこで,図を描き,表をまとめ,メモを取る……こういった苦労を重ねることで算数の力はついていきます。

    さっと解ける問題を確実に得点することにあけくれていては第一志望は遠ざかるばかりです。

     

    では,なんで「正答率の高い問題」が重要視されるのか……わかりますよね。

    大人が安心したいからです。

    いい点数を取ると安心しますからね……。

    でも,中学受験は一発勝負です。

    だから,途中の「安心」はただの気休めでしかないんです。

    (その気休めがほしくなるくらいつらいときも多いですけどね。)

     

    今回は,どこかの予備校のカリスマ講師がおっしゃっていたことばで締めます。

     

    不安を大切に。

    | 算数 | 16:34 | comments(0) | - | - |